秀ちゃんの田舎暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャガイモのテスト栽培

<<   作成日時 : 2018/05/08 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GWも終ったね。今日は朝から小雨もあり、肌寒い一日です。最高気温は14度だって。またまたストーブのお世話になっています。庭の花々もちょっと身を縮めているようです。
画像

画像
画像
これはフジです。
画像

雑誌「現代農業」4月号別冊の記事でジャガイモ栽培の裏技が出ていたので試しにやってみようとキタアカリの種芋を10個ほど早めに植えて昨日(7日)植え替えをしました。それは「ジャガ芽挿し」というもので、種芋から出たジャガ芽をもぎ取り苗のように植える栽培方法です。利点は種芋の節約と面倒な芽カキ作業がいらないのだそうです。また、同じ種芋から数本の苗が取れてしかもDNAが同じなので粒揃いがいいとのこと。さて、少し大きくなりすぎたかな。
画像
掘り返して芽を分けます。
画像
画像
一個の種芋から5〜8本苗が取れました。これを植えていきます。
画像
土をかけて終了。
画像
種芋もさらに埋めて使います。さてどうなるかな。
1日に娘が帰るとGW後半の3日に今度は息子が来ました。前日の23:30にメールで「明日行くよ」と突然の連絡。まあ、いつものことだけど。4日は甥の結婚式に夫婦で仙台まで出かけたので彼は栗駒山のほうへ写真撮影に出かけたようです。帰る日の5日に近場を妻と3人で廻ってみました。「くりでん」の「尾松駅跡」を撮影しながら線路を歩いて行きます。
画像
最近はモノクロ写真にはまっているようで手動式の古いカメラを持参して現像もやっているとのこと。
画像
息子がいうには「くりでんの前の狭軌時代のトンネルがあるはずだよ」というのであるならこの辺だな、と線路の切り通しを歩いていたらすぐ横の5メートル位高い藪の中に何やらコンクリートの建造物らしきものを発見!
画像
これだ!これだ!
画像
大正解でした。満足して終点の「細倉マインパーク駅」跡へ。
画像
行き止まりのホームと線路。
画像
画像
そして電気機関車が野外展示されていますがGWというのに周りには誰もいないのがちょっと残念だな。
画像
画像
ここは100メートルほど手前の以前の終点「旧細倉駅」跡の線路。
画像

次は旧栗駒町の中心岩ケ崎の背後にある山城「鶴丸城」跡へ。南北朝時代に、葛西氏一族の富沢河内守道祐によって築かれた。その最高部に本郭、その東に二の郭、三の郭、蛭子館の四つの郭で構成されていた。その規模は東西約650m、南北約400mに及ぶ。富沢氏は葛西氏に五代にわたって仕えたが、1590年(天正18)、豊臣秀吉の奥州仕置により主家葛西氏が滅亡した後、同地を去り南部氏に臣従した。その1年後の1591年(天正19)に九戸政実の乱が起こるが、その際、この城は討伐軍総大将の関白豊臣秀次の陣所となった。その後、鶴丸城は伊達家の属城となり、江戸時代に入ると伊達政宗は重臣の茂庭綱元を後見として五男宗綱、次いで六男宗信を城主としている。この両城主の早逝後、石母田氏、田村氏、古内氏、茂庭氏、中村氏と城主を変えた。中村氏は1694年(元禄7)に藤沢から転封となってこの地に入り、それ以来明治維新まで鶴丸城を居城とした。本丸とそこからの眺め。
画像
画像
画像
お城の八重桜はまだ咲いているのもあった。
画像
画像
花びらの散歩道。
画像
昼食は一関の道の駅「厳美渓」で「もちセット」を味わう。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャガイモのテスト栽培 秀ちゃんの田舎暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる