青春18きっぷでプチ旅1

今日はあの忌まわしい日。3月11日です。被災地ではない地域ではすでに忘れ去られそうになっている「東日本大震災」からもう9年目になります。今朝の新聞では死者・行方不明者、関連死を含めて22,167人が犠牲になり、今なお全国に4万7千人以上が避難していて、岩手、宮城、福島の3県ではプレハブの仮設住宅に今も709人が暮らしているという。復興とはいまだ名ばかりで被災地の人口は34万人が減ったまま。福島第一原発事故の廃炉作業は進まず、汚染水は海にたれ流そうと画策している現実があるのに「聖火リレー」を26日に原発事故対応の前進基地だったJヴィレッジからスタートするという。なんか変だよ。そして今回の新型コロナウイルスの影響でいろんなところで自粛要請がされ、学校も長期休み。株も大幅な下落で大変な事態になってきた。
そんななか、東北ではまだ新型コロナウイルスの感染者が出ていなかった2日から、2泊3日で「青春18きっぷ」で北へのプチ旅に行ってきました。興味があったのは八戸にある遊郭(貸座敷)だった「新むつ旅館」に泊まってみることです。IMG_9563.JPGIMG_9731.JPG
妻にJR東北本線石越駅まで送ってもらって8:06発の普通列車に乗り一ノ関で乗り換え盛岡へ。IMG_9519.JPGIMG_9527.JPGIMG_9529.JPG
2両編成のワンマンカー。盛岡からはIGR岩手銀河鉄道で八戸へと改札口に行ったらアウト。IMG_9530.JPGこの切符ではIGRは使えなかったのだ。う~ん、確かによく見たらそう書いてある。12050円で5回(分けても5日・一日2410円で乗れる)JR全線と特定の私鉄が乗れるのだが旧東北本線は全部使えるものと思っていて大失敗。やむなく東北新幹線で八戸に向かう。IMG_9532.JPGプラス4090円、いかに安くあげるかの予算がくるってしまった。八戸からはJR八戸線で本八戸駅下車。ここが旧八戸駅で、旧尻内駅が新幹線が止まったので現在の八戸駅になったんだね。IMG_9533.JPG今日の昼飯は超格安と評判の「宝来食堂」を目指して歩きます。途中から冷たい雨が落ちてきてやむなくコンビニで傘を購入。これも予算外だ。南部八戸藩二万石の城下町でもあり、立派な門が残っている。IMG_9534.JPG繁華街?を歩くこと約20分。廿六日町の古ぼけた食堂が見えてきました。IMG_9539.JPGIMG_9543.JPG
早速中へ。いやはや、いいね!小さいテーブルが4つとカウンターだけの小さな食堂です。お客さんはイイ年配の地元の方が6人ほどもいて、おじさんの一人はお酒を飲んでいた。IMG_9556.JPGそしてこの値段表。IMG_9549.JPG中華そば200円、カレーライスが300円だって。まずはビールとつまみになるもの、そして中華そばとカレーライスだ。IMG_9546.JPGIMG_9547.JPG味は普通だよ。これでやっていけるのかねえ。店主のおばあさんと手伝いのおばさん2人で切り盛りしていて、「まあ、やれるところまで頑張るよ」と毎日11:30~20:00までやっているそうです。IMG_9558.JPGカウンターの上にはいろんな総菜が並んでいて楽しい。IMG_9554.JPG若い人も後で4人ほど来てそれなりに繁盛していそうです。大満足の昼食、〆て1150円でした。
ここから歩いて予約した「新むつ旅館」に歩いて向かいます。小中野駅を過ぎてから昭和レトロな家屋や門がいろいろ見えてくる。IMG_9559.JPGIMG_9560.JPGIMG_9561.JPGここだけ広い通りになって、その奥に目的の建物が見えてきました。IMG_9562.JPGIMG_9565.JPGIMG_9567.JPGIMG_9568.JPGIMG_9566.JPGここです。おかみさんも買い物からちょうど帰ってきて中へ。IMG_9619.JPGIMG_9621.JPGIMG_9589.JPGいい造りだね。
Y字型の階段を上って二部屋をぶち抜いた14畳の部屋へ。IMG_9570.JPGIMG_9576.JPGここは旧6番・7番の部屋です。鴨居には「釘かくし」。IMG_9578.JPGIMG_9572.JPGおかみさんは東京の生まれで旦那さんの実家が元遊郭(貸座敷)だったとは全く知らなかったそう。明治31年創業でここ八戸は漁港であり港町だったので人物の往来が盛んなのでこんな貸座敷が多い時にはこの広い通りに25件ほどもあったという。娼妓さんも住み込みで3人いて源氏名と本名が書いてあるし、さらに遊客名簿も残っているのだ。IMG_9574.JPGなになに、明治30年代の遊興料一等で円、今でいえば約4万円かな。
さて、館内をおかみさんの案内でじっくり見てみます。修理の際の見取り図。IMG_9644.JPG2階は中空の渡り廊下があり、貸座敷が7つあります。IMG_9580.JPG1階は帳場と大きな神棚、そして顔見世の部屋。IMG_9593.JPGIMG_9603.JPGIMG_9600.JPGIMG_9607.JPGここによく見ると座る娼妓の名前が書いてある。IMG_9601.JPGそして貴重な資料の遊客帳。(盗まれたことがあったので全部コピーしたそうです)IMG_9615.JPGIMG_9612.JPGIMG_9613.JPGIMG_9614.JPGIMG_9632.JPGIMG_9633.JPGIMG_9635.JPG客の特徴と相方まで書いてあるのだ。警察の調べがあったときに大事なものだ。明治30年代の世相が良くわかる資料です。
丁度若い女の子が出てきたので話を聞くと大学一年生。土蔵解体の際に出てきた資料解読をおかみさんと進めているようで卒論にしようと思っているそうです。エライね。実家がここ八戸なので通っているとか。今日の泊りは私一人だ。明治時代の写真も沢山資料として閲覧出来ます。IMG_9577.JPGIMG_9611.JPGIMG_9610.JPGIMG_9608.JPGIMG_9609.JPGおっと、こんなのもあります。IMG_9597.JPGお客が来てほしいという願いの品「金精様」だそうです。早く年季が明けて欲しいという思いも込められていたのかな。
1階から天井を見上げたら明り取りが見える。IMG_9622.JPG階段下には当時珍しかった「電話室」。IMG_9648.JPGそして快適なトイレと浴室です。IMG_9646.JPGIMG_9630.JPG
夕食はおかみさんの話を聞きながらビールを頂く。IMG_9638.JPG翌日の朝食。IMG_9649.JPG料理も十分に満足です。いやはや、これで〆て8710円。雨だったので駅まで車で送ってもらいありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント